津田駒工業株式会社

松任工場−鋳造品部門−



鋳造品部門のご紹介

 


鋳造品部門(松任工場)のご紹介


津田駒の鋳物造りは昭和9年に始まります。当社野町の本社工場の構内で、キューポラ、手込め・半自動モールディングマシンによる操業を経て、昭和46年、現在地(当時の松任市、現白山市)に月産能力700tの近代的鋳物専門工場として操業を始めました。

さらに昭和63年、最新繊維機械ジェットルームの増産に対応するため、設備の近代化に着手し、造型ライン、溶解炉の更新を進め、今日、月産1,200tの生産能力を誇っております。

受託生産を承ります

小ロットでも対応いたします。
FC200、300、FCD450〜700まで多様なご要望にお応えします。

繊維機械、工作機械アタッチメントで培った高品位鋳物を皆さまの製品にご提供いたします。
是非一度、ご連絡下さい

<受託生産の実績>
産業機械部品
自動車部品
鉄道関係部品
建築用部品
インフラ用部品 など

(お問い合わせ先)
鋳造部 製造課 業務グループ
メールアドレス matto@tsudakoma.co.jp
TEL(076)276-3131(代) FAX(076)276-9786

松任工場

  • 大代表番号(本社工場)でのお取次ぎ廃止のお知らせ